FC2ブログ

ゴリラのつぶやき by.ハマノ製靴所

靴・足のことや、その他のつぶやきをあれこれ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

生出演  

先日2度目のTV出演をしてまいりました。ニッコニコ

去年は前もって取材されたものを編集しての、いわゆるVTR出演だったのですが、今回はスタジオにゲストとして呼ばれての生放送出演。

去年ラジオの生放送に呼んでいただいたことはありましたが、その時は放送時間の10分前くらいにFM局のスタジオに入って、それからすぐ20分くらい出演してはい終わり。・・・みたいな感じだったのが
テレビはそうもいかず、1時間以上前にスタジオに入ってリハーサルを行い、流れを確認し、いざ放送!の時間までにはお茶をだしてもらったり・・・
なんだかんだで2時間くらいかかって帰ってきました。

いやあ、台本とかあったり、リハーサルとかあると余計に緊張しますね。汗;
基本的には流れの台本だけなので、何を話すかは自由なんですが・・・案の定リハーサルとは違う事を話しておりました。

それにしても、オープニングからエンディングまで(ずっと出演してたわけではないです)出るかんじになるとは思いもよらず。
「私の夢ボード書いて下さい」って言われ・・・

いきなり言われても思いつかん・・・
とりあえず、「うそくさっ」と思われがちな夢を書いておきました。(ちなみにマジです)

お呼びいただきましたRSKのみなさん、ありがとうございました。この場をかりましてお礼申し上げます。


また特集してくださいグー!

エコヒーローのアレスケとロクタン  ↓
       rsk.jpg


スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

チャッカブーツ?  

チャッカ?
(写真をクリックすると少し大きめに表示されます)
真っ赤な靴紐もなかなか素敵なこの黒のチャッカブーツ、実は… 
実は… こんなサイズのミニ靴なんです!

こんなのも ウイングチップの内羽根タイプや、サイドにスワロフスキー(?!)の飾りまで入ったブーツなんかもあります。 ウェルトにまで模様入りのこちらは、先ほどのチャッカブーツよりは少し大きめ。
…しかし しかし!!
なんとこんなに小さな仲間もいます。さらに

全員集合 みんな勢揃いすると こんな感じ。 

お客様からもたまに「売り物じゃないの?」ときかれるこのミニ靴たちは、じつは当店で生まれたものではなく、大先輩の職人さんからのいただきもの。
この職人さんは、むかし店主の祖父のもとで働いていたというご縁もあって、いろいろと気にかけて頂き、お世話になっています。

手すさびにこんなミニ靴たちを作ってしまうなんて、実に格好いい。
そしてそのミニ靴たちを「ホラヨ、持ってきな!」とばかりにポンとくれちゃったりする所も、実に格好いい。
いつかそのうち… と思う若造でありました。

このミニ靴たちは当店のウィンドウに展示してありますので、実際にその小ささを確かめにおいで下さい。

---おまけ---
 このミニ靴、ちゃんと紐通しが付いているので、ちゃんとストラップやキーホールダーにも付けられたりします。
ちなみに この心遣いが心ニクイッ! 

category: 工房のことなど

tb: --   cm: 0

告知  

もうすぐ、かわいい(?)教え子達の卒業製作の展示会があります。
お近くの方はもちろんのこと、遠くの方も是非覗いてみてください。

sotsuten.jpg


2009年 2月13~15日
  神戸医療福祉専門学校 三田校(兵庫県三田市) 開催
2009年 2月19~24日
  GALLERY 四匹の猫(大阪・梅田) 開催
2009年 2月26~3月1日
  SANITATSHAUS POSC(神戸・三宮) 開催

↓ 神戸医療福祉専門学校整形靴科9期生卒業製作展ホームページ
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/sotuten9/

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

高松→浅草→横浜  

先日、横浜で開催された第5回日本整形靴技術協会学術大会に参加してきました。
この長い名前の大会は私たち靴製作者以外にもドクターや義肢装具士、理学療法士や、靴屋さんなども参加している実に珍しい団体で、足や靴についての新しい知識や技術を共有しようという学会です。

上京ついでに、浅草で靴作りの材料を補充してきました。

kaminarimon.jpg

一般にはあまり知られていませんが、実は浅草は靴の町と言われるくらい、靴の問屋さんや材料屋さん、皮革屋さん、道具屋さんが連なっています。
もちろん、普段は電話やネットで注文をしていますが、皮革だったり細かいことに関しては、実際にあーだこーだ話しながら買うことが多く (結構相手にとってはめんどくさい相手かもしれませんが・・・) そこでは扱ってないものを探してもらったり、特別に加工してもらったりと我儘をきいてもらって助かります。
年に何回も行けるわけではないので、貴重な時間となりました。

で、そんな浅草の材料屋さんで思わぬ人にばったり出会って (その方は皮革の展示会に行く途中でした) 色々情報交換もしつつ・・・びっくりでした。

cyukagai.jpg
↑暗くて分かりにくいですが、横浜中華街の門です

次の日は朝から、今回の目的である横浜での学会に参加しました。
様々な研究発表や学生のポスター発表があり、勉強になりました。私はまだ学会発表はしたことがないですが・・・ネタを探し中です。 いずれ・・・・(多分?)

友人やボスや、学生などとも久々の再会で、最近の仕事状況などを話しながら、学会終了の宣言を聞く直前に羽田へ・・・・

材料や技術も日々進化していくもの・・・

新しいことはやってみないと判断できないので、できるかぎり多くのことを試していきたいと思います。
次に出会う方のお悩みをできるだけ改善できるように!

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

靴の履き方  

みなさま「靴の履き方」は、ご存知でしょうか?
靴なんて物心ついてからずっと履いてきてるんだから、知ってます。ちゃんと一人で履けます。
という意見がたくさん聞こえてきそうですが…
この仕事をしていると間近で靴を見る機会も多いのですが、実は意外と「できてないなぁ~」というのが、この『靴の履き方』だったりします (ちなみにここで言う「靴」とは、紐靴を指します)。

修理で預かった靴は履くところを見るわけでもないのに、「靴の履き方」なんて分かるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが結構!わかるものなんです。
shoe
こちらの靴、ちゃんとお手入れもされていて、きれいなのですが…

dust
羽根 (靴のこの部分を羽根といいます) の下をチラッとめくると、靴紐にほこりがついています。これ、正しい「靴の履き方」ができていないからなんです。正しい「靴の履き方」ができていないと、この他にも
 ・履き口の上あたりが擦りきれる
 ・靴のかかとが潰れる
などの現象が現れます。

では、「正しい靴のはき方」 はどのようにすればよいのか?
 1.椅子や上がり框に腰掛ける
    靴じゃなくてまず座るの?と思われた方、まずは座って下さい。(慣れれば立ったままでも構いません)
 2.靴紐をほどいて、十分にゆるめる
    ユルユルのダルダルになるまで、十分に緩めてください。
 3.足を靴に入れる (できれば靴べらを使って)
    靴紐を十分に緩めていれば、靴べらなしでもスッと足入れができるはず。
 4.つま先を立て、かかとでトントンする
    靴を履いてつま先をトントン、とするのは間違いです。必ずかかとでトントン!
 5.前の方から順番に靴紐をしめていく
    ユルユルの靴紐のままではNGです。
 6.いちばん手前でしっかりと靴紐を締める
    外反母趾などで足の指が痛い時などは前の方は緩めでも良いですが、いちばん上の紐だけはきちんと締めて下さい。
 ※靴を脱ぐときはこの逆の順序で、まずは腰を下ろし、十分に靴紐を緩めてから脱いでください。

ここまでくれば、どうして靴紐にホコリがたまっていると、正しい靴の履き方ができていないことになるのか、お分かりになりましたか? そう、この「靴の履き方」で靴を履くと、そのつど靴紐をゆるめたり締めたりするので、靴紐にホコリがたまることがないからなんです。

慣れるまでは本当に(慣れても多少は)面倒な 「靴の履き方」 ですが、これは靴を長く・綺麗に履いていただけるという以外にも、みなさまの「足を守ることができる履き方」でもあります。(詳しい説明はお問い合わせ下さい)

文章ではよく分からないという方は、店舗でお気軽にお声をかけて下さい。無料でレッスンいたします♪(正しい靴の履き方をすると、同じ靴でも軽く・快適に感じていただけますよ)

category: 足について・靴について

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。